プリント

一橋大学政策フォーラム

 長い経済停滞、経済的・政治的な混迷。そのなかで、日本は新しい経済成長の原動力と世界政治における貢献のあり方を求めて模索を続けています。本フォーラムは、次の日本を目指して、一橋大学の研究者の企画による政策発信を行うことを目的としています。各分野の第一人者や政策の最前線の人たちとの討論を経て、研究成果を研ぎ澄まされた政策として発信することを目指しています。

2019(令和元)年度開催のフォーラム

日程 テーマ・詳細

第5回

2020年2月21日(金)

10:00~17:00

一橋大学一橋講堂2階
中会議場

「企業ビッグデータによる企業戦略と経済政策の評価と設計」

 一橋大学は(株)帝国データバンクとの連携・協力協定と共同研究契約に基づき、
 2018年4月に経済学研究科に「帝国データバンク 企業・経済高度実証研究
 センター」(TDB-CAREE)を設立した。その主要な目的は、企業のビッグ
 データを用いて、企業の戦略や政府の経済政策を定量的に評価し、より良い戦略と
 政策の設計に貢献することにある。今回の政策フォーラムは、その1期目の研究
 成果報告会として、政策担当者や実務家を含む多様な聴講者を対象に行われる。
 帝国データバンク社の提供する膨大かつ多様な企業データを用いて行われた高度な
 実証分析に基づく、一連の政策・戦略評価研究の一端を紹介し、併せて教育や
 データベース形成・公開に関する成果も共有する。企業ビッグデータを活用した、
 エビデンスに基づく政策立案(EBPM)のための、経済学の立場からの重要な
 第一歩となるフォーラムである。
 

 ●プログラム詳細

 ●お申込み

 ●お問合せ
  一橋大学大学院経済学研究科 帝国データバンク企業・経済高度実証研究センター
  (TDB-CAREE)
  E-mail: caree@econ.hit-u.ac.jp

第4回

2020年1月21日(火)

14:30~18:40

一橋大学一橋講堂

「これからの企業経営が向かう道ーガバナンス・非財務情報・CFOの役割を考えるー」

 日本では現在、コーポレート・ガバナンス改革、開示改革が進展しつつある。
 本シンポジウムでは、それらを戦略的に活用し、企業経営を革新させていくために
 何が求められるか、そこでCFOをはじめとする経営者がどのような役割を果たして
 いくべきかについて、企業経営者や財務リーダーによる講演やパネル・ディスカッ
 ションを通じて検討する。
 

 ●プログラム詳細

 ●お申込み(1/10〆切)
  ※定員を超過した場合には抽選となります。予めご了承ください。

 ●お問合せ
  一橋大学CFO教育研究センター
  E-mail: hflp-info@cm.hit-u.ac.jp

第3回

2019年12月17日(火)

13:00~18:00

一橋大学一橋講堂

「金融デジタライゼーションの進展に伴う金融サービスの変化と
 金融規制監督の今後の展望」

 ●開催概要

 ●プログラム詳細

 第1部 金融デジタライゼーションの最先端で何が起きているのか:
     Libra(リブラ)を巡って

     パネリスト TMI総合法律事務所弁護士・
           一橋大学大学院法学研究科教授 岩倉 正和

           一橋大学大学院経営管理研究科教授 野間 幹晴

           一橋大学大学院経営管理研究科客員教授 幸田 博人

     モデレータ 一橋大学大学院経営管理研究科特任教授 藤田 勉

 第2部 金融デジタライゼーションに伴う金融規制・監督の変化と
     金融当局の課題

     「金融デジタライゼーションと金融行政」
       金融庁長官 遠藤 俊英

     「金融デジタライゼーションに伴うディスラプション(創造的破壊)と
      金融当局にとっての課題」
       一橋大学大学院グローバル金融規制研究フォーラム代表・
       一橋大学大学院経営管理研究科客員教授 佐々木 清隆

 第3部 金融デジタライゼーションの下での金融サービスの変化と今後の方向性

     「金融デジタライゼーションへのMUFGとしての対応と
      金融規制上の課題」

       株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 代表執行役副社長
        亀澤 宏規

     「金融デジタライゼーション下での楽天グループの戦略と
      金融規制上の課題」

       楽天株式会社 副社長執行役員 CFO 廣瀬 研二

     パネルディスカッション

       パネリスト 遠藤 俊英、亀澤 宏規、廣瀬 研二、
             岩倉 正和、佐々木 清隆

       モデレータ 一橋大学大学院経営管理研究科教授 伊藤 彰敏

 ●開催報告記事

第2回

2019年12月10日(火)

14:00~17:35

一橋大学一橋講堂2階

中会議場

「社会保障が目指すべき方向」

 ●開催概要

 ●プログラム詳細

 開会挨拶 渡部 敏明(一橋大学経済研究所長)

 趣旨説明 小塩 隆士(一橋大学経済研究所教授)

 基調講演 中嶋 邦夫(ニッセイ基礎研究所保険研究部主任研究員)

      佐藤 主光(一橋大学大学院経済学研究科教授/
              社会科学高等研究院医療政策・経済研究センター長)

      三原 岳 (ニッセイ基礎研究所保険研究部主任研究員)

 パネルディスカッション
      パネリスト:中嶋 邦夫、佐藤 主光、三原 岳
      司会   :小塩 隆士
 閉会挨拶 手島 恒明(ニッセイ基礎研究所代表取締役社長)

 ●開催報告記事

第1回

2019年6月22日(土)

一橋大学一橋講堂2階

中会議場 2-4

「新興市場経済を考える」

 ●開催概要

 ●プログラム詳細

 開会の辞 渡部 敏明(一橋大学経済研究所長)
      上垣 彰 (比較経済体制学会代表幹事・西南学院大学経済学部教授)

 基調講演 ジョセフ C.ブラダ(アリゾナ州立大学名誉教授,新興市場学会会長)

 基調講演へのコメント・討論
   司会:岩﨑 一郎   (一橋大学経済研究所教授)
   討論:上垣 彰  (比較経済体制学会代表幹事・西南学院大学経済学部教授)
      溝端 佐登史(京都大学経済研究所所長)

 パネル討論会「新興市場経済システムの光と影」
   司会:雲  和広   (一橋大学経済研究所教授)
   報告:濱口 伸明 (神戸大学経済経営研究所教授)「ブラジル」
      田畑 伸一郎(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター教授)「ロシア」
      黒崎 卓  (一橋大学経済研究所教授)「インド」
      丸川 知雄 (東京大学社会科学研究所教授)「中国」

 ●開催報告記事

お問い合わせ

一橋大学 総務部 研究・社会連携課
 〒186-8601東京都国立市中2-1
 E-mail:res-info.g[atマーク]dm.hit-u.ac.jp
 TEL: 042-580-8053 / FAX: 042-580-8050

Share On